税理士パパの育児日記

税理士として日々仕事に悩み、1歳と4歳の娘のパパとしてこれまた日々子育てに悩みながらも、良き税理士、そして良きパパを目指して、奮闘する税理士パパの育児日記です。

No.024 幼児教育無償化に感謝(2)

幼稚園から、10月の保育料の引き落としの案内がありました。

 

幼児教育無償化については、以前にもこのブログで書いたことがありました。

https://www.masayukisan.com/entry/2019/09/08/223928

 

が、こうやって書類で無償になった金額を見ると、改めて『我が家の家計には、非常に助かるな~』と思います。


f:id:masayukisan3013:20191001210743j:image

月額23,662円の保育料が全額無償に。年額にして約28万円!!

 

普通に考えて、サラリーマンのお給料が年間28万円(しかも手取りで)アップするのは、この不景気なご時世にあって、なかなかの至難。我が家の家計にとってこの無償化は、まさにそれと同等の効果。

 

この無償化の恩恵を受けられるのは、我が家の場合、上の娘はあと1年半、下の娘は3年。二人合わせると、金額にして126万円の保育料が無償に。

 

もちろんこの財源は、10月から増税になった消費税が充てられるのでしょうから、ある意味、子育て世代だけが良い思いをしてるところもあるので、なんだか少し申し訳ない気もするのですが。

 

だからこそ、この無償になった保育料、払ったつもりでしっかり将来の子供のために貯金しておきたいと思います。